Recruit Site 2020

ロゴロゴ

ENTRY

JOB

仕事について

INTERVIEW / インタビュー

「楽しい」は、

あなたが描いていいのです。

01.

浅見 高政

| 2011年入社 |

ストアマネジャー

店舗運営部

浅見 高政

ハッピーを創る、喜びがある。

「仕事をするからには、好きなコトやモノを扱いたい」とだけ思い、新卒ではエンターテイメント業界の法人営業に就職。若い人が多く、単価の大きさも手伝って、かなり充実した3年ほどを過ごしました。しかし、数年先を歩む先輩が、今の自分と同じ仕事をしているのを見て「自分の頑張りや成長が、企業の成長に直結して拡がりが感じられる仕事に就けないか?」と考えるように。KKDJ は、話題になって間もない頃でしたが、まだ「のびしろ」がある上、色々な仕事に挑戦できそう、そして何より接客の面白さに加え、おいしさや楽しさ、未知の「マネジメント」という職域も含めて「これから創る面白さ」がありました。おいしさだけで言えば「製造工程に近い」という醍醐味は、あの温かい出来立てのドーナツを一度食べればわかりますよ。全然違いますから。そして、お客様の「おいしい!」というハッピーな言葉が聞こえてくる職場って、すごく嬉しいですよ。

浅見 高政

楽しさを認め合える、あなたですか。

現在は鹿児島店の店長を務めています。全国5つの店舗を歩み経験を積んできましたが、「おいしい、楽しい、みんな大好き!」という会社のビジョンを、決して机上の空論で終えずに自ら描く楽しさがありました。お客様はもちろん、働いているクルー達にも「プラスの言葉」が溢れていますし、店長という立場で本気で楽しさを描いていく!という自負があります。また、例えば店長だけでなくスーパーバイザーなど別のキャリアを積んでいくこともできる会社でもあります。つまり、人によって異なる「楽しさ」を相互に受容し、一緒に働く人の幸せまで本気で叶えようとする人が集うこの社風こそ、私には誇りに思えるのです。自分の成長はもちろんのこと、お客様や共に働く仲間と「楽しもう!」という意識。そういう点では負けない自信のある、わたしたちのお店を、ぜひ見に来て欲しいですね。新卒のあなたを笑顔溢れるお店で、私はお待ちしています!

浅見 高政

※インタビュー時点での内容です

ENTRYENTRY

PAGE TOP